中島 俊市郎

中島 俊市郎
Shunichiro Nakashima

七夕飾りや、神社のシデ、お正月飾りや餅花。四季折々の室来。
これらはたいがい紙や藁のどの身近な素材や植物でつくられ、そのうちくたびれてしまったり、腐ってしまいます。正月飾りは最後に「どんどやき」で燃やしてしまいます。そういうもので、生活を飾る私達の文化は美しいと思います。
これらは「使い捨ての飾り」ですが、この使い捨てが豊かでサスティナブルな文化を育んでいるように思えます。
ディスポーサブルなもので「飾る」という行為は、ゴージャスでラグジュアリだと思います。
そういう価値観に習うことで、装身具の本来の価値を引き出せたらと思っています。

“Fluorescent”ブレスレット、他:ポリエステル・シルク・羽・ステンレススチール

shunichiro@nakashima.link