ファンタジーでありリアルである。
身に着けるアートとしてのジュエリー。
4カ国9人のアーティストが、装身具を通して表現する“私達の生きる今”。

 

70-80年代生まれの国籍もバックグラウンドも違うアーティスト達が“この世界はどこへ行くのか?”という根源的な問いを軸に、それぞれの“今”を独自の視点で切り取りジュエリーに託します。
2011年3月に行われた横浜展のバンコク巡回展。
ATTAギャラリーでの展示と共に、Atelier Rudeeではアーティストトークも行われます。

 

Artsit:
Elisa Deval(イタリア)、Maria Constanza Ochoa(コロンビア)、Rallou Katsari(ギリシャ)、Poly Nikolopoulou(ギリシャ)、石田 明里加藤 果鈴三橋 頼子清水 葉子墨屋 夕貴(以上、日本)

 


 

“CURRENT” / Thailand-Bangkok:
2011.8.23(Tue)-9.25(Sun)
open: Tue-Sat12:00-19:30, Sun 13:00-18:30
closed on Monday and Last Sunday of the month
opening party: 8.23(Sat)  18:30-20:30

 

 ATTA Gallery
O.P GARDEN, Unit 1109
4,6 Soi Charoenkrung 36, Charoenkrung Rd.,Bangrak
Bangkok 10500 Thailand
http://www.attagallery.com/

 

Artist Talk  by Meiri Ishida and Yuki Sumiya at Atelier Rudee/ Translated by Rudee Tancharoen
アーティストトーク:石田明里 墨屋夕貴/通訳:Rudee Tancharoen

2011.8.24(Wed)
http://www.atelierrudee.com

 


 


(PDFファイル)